[ライター必見]読みやすい文章構成にするには?作成のポイントとは?

ビジネス上でも日常生活でも、文章能力をアップさせるための努力は欠かせません。

WEB、ブログ、メール、SNS、いづれのツールにおいても文章の読みやすさは何で決まると思いますか?言葉選びや文章のテンポなども重要な要素ですが、それらよりも文章の読みやすさを左右するのが「構成」です。

この記事では、構成の種類を解説するとともに、文章作成のコツをご紹介します。

文章構成とは何か?

文章構成にはさまざまな種類があります。まずは代表的な4つの構成を押さえておきましょう。

四段構成(尾括構成)

四段構成(尾括構成)は、起・承・転・結の4つの要素を組み合わせる構成です。の要素を簡単に説明すると

起→話の導入
承→話の展開
転→話の転換
結→まとめ

となります。

三段構成

三段構成は、序論・本論・結論の3つの要素からなる構成です。

序論→話の導入
本論→自分の意見や主張
結論→序論・本論を受けてのまとめ

で構成します。

頭括構成

頭括構成は、最初に結論を述べる構成です。

結論を述べた後で、それを裏付ける具体的な事例や説明を展開し、最後にまとめの文章を書きます。

主に新聞などで用いられることが多い構成で、誰が・いつ・どこで・なにを・どのようにといった情報をまとめやすい構成です。

双括構成

双括構成は、頭括構成と四段構成(尾括構成)を組み合わせた構成です。

最初と最後に結論を述べます。

結論を最初に述べた後、具体的な事例や説明を述べ、最後に再度結論を提示するため、長い文章でも言いたいことがはっきり伝わりやすくなります。
長文はもちろん、商品の魅力を強くアピールする必要のある、商品紹介文などにも適している構成です。

文章構成の作成ポイント

では、文章の構成を作るうえで大切なことはどんなことなのでしょうか?いくら文章の構成方法を知っていても、受け手に伝わる文章の体をなしていなければ、相手にとって快適な価値を与えることはできません。
文章の構成を作る際は、構成を作り始める前の準備が大切です。

例えば職業がWEBライターさんの場合なら必ず抑えておく必要があります。

記事のメインキーワードを決める

記事の構成を考えるときは、まず記事のメインキーワードを決めます。関連キーワードを取得するツールなどを利用して、記事の核となるキーワードを設定してください。

メインキーワードは1つだけに絞らなくても構いません。記事のテイストや内容に合わせて、2~3個のサブキーワードを決めても良いでしょう。
キーワードを決めたら、SEOを意識しながら構成を決めていきます。
プロのライターの場合は、受け手=お客様になるわけで非常に重要な視座となります。

検索キーワードとターゲットをイメージする

構成を考えるときは、どんな人に読んでほしいのか・どんな人がアクセスしてきそうかも考えてください。
例えば、子どもを対象にしているのに難しい言葉や回りくどい構成で記事を書いては、伝わるものも伝わりません
ターゲットの名前や趣味・嗜好まで設定する必要はありませんが、最低限次の事は決めておくとスムーズに構成が作れます。

・年齢
・性別
・抱えている悩み
・興味があること
・記事からどんな情報を得たいのか

特に大切なのが、「なぜ検索しているのか?どんな情報を得たいのか」です。
ターゲットがどういった情報を欲しているかを明確に設定することで、よりわかりやすい構成を作ることができます。

文章に合わせた文章構成でライティングを行う

Man hand with pen writing on notebook.

文章の内容に合わせた文章構成を選んでライティングを行うのも大切です。


・商品紹介文の場合は双括構成

・自分の意見や主張を述べるコラムなら頭括構成

・情報提供なら四段構成や三段構成

どういった目的の文章なのかを見極めて構成を選択しましょう。
もちろん、一つの構成に囚われてはいけません


全体の構成は双括構成にしつつ、途中の具体例は三段構成で執筆するなど、複数の構成を組み合わせて使うことで文章に厚みが出て、より濃い内容の記事になります。

順序がわかりづらい方は、ポイントごとで書き出したのち、入れ替え作業を加えて全体のバランスを整える手法も有効です。慣れていけば起承転結が自然とできるようにな流でしょう。

まとめ

文章の読みやすさは、事前準備の構成が全てと言っても過言ではありません。決して難しいものではなくよりわかりやすい言葉を選んでいけば、いづれ読みやすい文章が書けるようになります。

また質の高い文章に触れる機会を増やしたり、積極的に本を読んだりして、語彙力(自分が使える言葉の数)を増やすように心がけてください。インターネット上で公開されている良質な記事を研究し、執筆に活かしましょう。

言葉には人に影響を与える力があります。使い方次第で自分の気持ちも相手の気持ちを
プラスにもマイナスにも出来ます。幸せな人生を送るのも言葉の使い方次第といってもいいすぎではないと思います。ぜひそのチカラとなるような良質な価値を一緒に創造していきましょう^^

関連記事

  1. 【中国語学習法】ペラペラになるための心得とは?

  2. 頻度や危険性は「高い」「多い」「大きい」正しいのはどれ?

  3. 括弧(かっこ)の種類と正しい使い方とは?

  4. 文章の語尾「ですます調」と「だ・である調」の正しい使い方とは?

  5. 体言止めによる効果とは?例文で意味と使い方を解説

  6. 中国語の句読点。日本語との違い知っていますか??

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA