【心の持ちよう】批判されるが怖い場合の対処法

こんにちは、フォリビーです。

今回は日常の批判のお話。

日常のあらゆるコミュニケーションにおいて「批判されるのが怖い…」という人がいますが、対処法があります。それは「未来の自分を救う」という気持ちで望むこと。
意見をいうと、反対する人も出てきます。しかし中立な意見なんて、価値はなく無意味です。常に「過去の自分に届ける」という目的意識があると、意思が強くなれます。

「批判が怖い」という場合の対処法


前提として「未来の自分を救う」です。

これが「○」と判断したなら受け入れれば良いです。逆に「✖️」なら聞き流し受け入れない方がいいですね。

批判されたら、冷静に対処するだけ

批判は、いくつかのパターンに分類できます。
建設的か感情的かの2軸です。

建設的感情的対処法
パターンA受けいれるべし
パターンB聞き流そう
パターンC聞き流そう
パターンD聞き流そう

結論は上記のとおりで、大半の批判はスルーしてしまってOKということです。
感情的な人だと、ディスカッションにならないからです。

なお、唯一ですが「パターンA」だけは、論理的であり、かつ感情的じゃない批判なら、しっかり受け止めて、自己改善に繋げるのをオススメします。

とはいえ、こういった批判は、ほぼ来ませんので、結果として「大半の批判は、スルーで良い」という感じです。

建設的な批判は、受け止めるメリットがある

的確な批判が届いたら、素直に改善するのもありです。
例えばですが「自分の意見を述べる→建設的な批判をされる→自分が完全に間違えている」という状況なら、感情的になりがちで既に答えは出ています。

完璧な人間なんていないので、素直に間違いを認めて、それで終わり。
相手は、そこまであなたに興味ないので大丈夫です。

 逆に訂正することで、論理的な相手からの信頼度が高まる

間違いを素直に訂正すると、そのメリットが大きいです。要するに、受け手の反応として「あぁ、この人はたまに間違えるのか…。しかし間違いを指摘されたら認めるから、結局はこの人は信頼に値する相手だ」と感じるはず。

なので、結果として「あなたの価値の質が高まる」という形は素晴らしいです。

心配しなくても、3分後には忘れている

批判されたことがある人なら分かると思いますが、心が痛みます。
優しい人ほどその気持ちがわかるので、誰も批判しません。

とはいえ、1つ事実があります。

 いじめっ子の法則。

つまり批判する人は、3分後には忘れています。あなたにとって「批判されること」は大きなダメージかもですが、批判する側としては「3分くらいで忘れる」という感じかなと。なので、ぶっちゃけ、凹んでいるのは「あなただけ」なんですよね。虐められた側は何十年と忘れられないにも関わらずです。

NS炎上も同じです。炎上で批判する人の心理は「便乗した。みんな批判してるから」くらいです。

なので、あまり深く気にしても仕方ないです。

気持ちをリセットする方法

それは「イメトレ相談」です。

例えば、お客からクレームを受けたとします。
その相談をレイヤー毎にイメージします。

 上司に相談してみた(※イメトレです)

  • 自分「お客様からクレームです…。こちらの対応正しいと思ったのですが…」
  • 上司「それで?」
  • 僕「参ったなぁと思いまして…」
  • 上司「は? じゃあ、どうするの?」

 部下に相談してみた(※イメトレです)

  • 自分「お客からクレームで…。こちらの対応正しいと思ったけど…」
  • 部下「そうですよね」
  • 自分「参ったなぁと思って…」
  • 部下「そうですよね」

 ワイルドな先輩に相談してみた(※イメトレです)

  • 自分「お客からクレームで…。こちらの対応は正しいと思ったのですが…。」
  • 先輩「ただのクレーマーなんじゃねー」
  • 僕「そうですよね…頑張ります」

例えば上記ですね。
こういったイメトレを通すと、俯瞰的に現状を把握でき心が軽くなります。

無理をしないで寝る

というわけで方法はいくつかありますが、心が敏感だと、キツイですね。

大抵の場合は寝たら治ります。
結局は時間が解決してくれるのは間違いありません。

まとめ:無理せず生きていこう

批判は「未来の自分を救うため」に建設的で感情的でないなら受け入れる。

ただしあくまで方法の一つです。100%は必要ありません。

理想を追求し「失敗を重ねもっと幅広く知識と技術を身につけよう」というのはストイックで良い方法ですが、「100%は身体にきつい…」とも思っています。

受け入れることに疲れた時は、逆にできる限り心地よい人とだけ付き合って、お互いを肯定しあう時間も必要じゃないですかね。要するにバランスが大切ということです。

というわけで、バランスの良い批判対処を試してみてはいかがでしょうか?^^

関連記事

  1. 人生が苦しい場合の対処方法【思考停止よりはましである】

  2. 【コロナと働き方改革のカギ!】テレワーク・在宅勤務の違いとは?

  3. 行動したら景色が変わる【思考回路の再起動】

  4. アフターコロナで世界はどう変わる?世の中のビジネスパーソンが考えている…

  5. 【人事必見】在宅勤務とは?メリット・デメリットを調査結果から解説

  6. ビジネスで大切なこと【意思決定は感情を捨て一人勝ちすべし】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA